品質管理室

Pocket

品質管理と安全への取組み

選び抜かれた素材と万全な品質管理

大光食品グループは一丸となり安全な食品づくりを実現する取り組みを行っています。
すべてのお客様に安心してお召し上がりいただくために営業・工場などの部署にかかわらず、品質・衛生面を厳しく管理し、大光食品グループが求める 「生産から食卓まで」 の安全・安心を守り続けていきます。

品質管理と安全への取り組み

●コンプライアンス

大光食品の品質管理業務風景1.我々は、食の安全性について妥協すること無く、全ての情報収集・生産活動において法令を遵守し、常に一定品質のサービス・商品を提供します。
2.我々は、企業活動において企業の社会的責任を理解し、法令遵守に努めるとともに、従業員の教育を通じ、維持・促進を図ります。
3.我々は、お客様等の要請により、求められた必要十分な情報を開示し、不正な取引・不当な手段による利益の獲得を排除します。

●食品安全方針

食品安全方針

「我々は、お客様に、より安心、より美味しい食品を提供する」 との経営理念を受け「損得よりも善悪を優先し、お客様に安全で高品質な食肉製品を提供することに総力をあげて取り組む」ことを約束します。
このために食品安全マネジメントシステムを構築、維持し、さらには、その有効性を継続的に改善し、このことを通して、食品安全が保証された、“製品”をお客様に提供し、お客様から最大の信頼と満足を得ることを目指します。

●出荷基準・外部認証取得

大光食品の品質管理大光食品グループでは、関連法規を遵守し、素材・品質・衛生面等、製品毎に基準を設けて出荷基準としています。それらをクリアしたものだけが商品として店頭に並び、みなさまの食卓へ上ることになります。
また、長崎パックセンターとエース・フーズでは外部認証を取得しています。外部認証機関による第三者の評価を受けることで品質保証の維持・向上に努めています。