先輩社員の声

先輩社員インタビュー:松本健史

プロフィール

仕事中の松本 健史
◇所   属:
(株)大光食品
◇氏   名:
松本 健史
◇部署・役職:
商品部
◇入 社 年:
2011年 新卒(大卒)
◇学部・学科:
経営学部

Q&Aインタビュー

Q1.大光食品に入社したきっかけ・理由

先に入社されていた会社の先輩から大光食品の話を聞いたことがきっかけで、私の大好きなハム・ソーセージを取り扱っていたというのが一番の理由です。小さい頃、朝食や弁当のおかずに出てくるソーセージをいつも楽しみにしていました。そういった楽しみを多くの人に提供したいという想いが食肉製造・販売会社で働きたいと思った理由です。 また、先輩からも会社の雰囲気が良いということは聞いていましたが、面接で緊張している中、自然に話せるよう配慮してくださり、そういった気配りに感銘を受け入社を決めました。

Q2.仕事内容

ハム・ソーセージ製品の材料となる豚肉や鶏肉などの仕入れを主に担当しています。肉類は他のものと比べ、相場によって値段や物量が変動するため、いかにそれに左右されずに安定した商品供給ができるかを日頃念頭に置いて仕事をしています。また、商品の入出荷業務、伝票処理などの事務業務も合わせて行っています。

Q3.やりがいを感じる瞬間

私が担当している商品の仕入れは、製造工場や営業へ供給することがほとんどですが、様々な商品があり、幅広く知識を身に付けることができます。学んだ知識をもとに要望に沿った商品や希望どおりの価格で商品を仕入れることができた時はすごくやりがいを感じます。

Q4.今までの仕事で大変だったこと・苦しかったこと

海外の商品も商社などを通じ仕入れることがあります。品質基準や納期・価格などで条件に合わなかったりする場合もあり、条件をクリアするためどう対応していくかがすごく大変なところです。場合によっては商品の供給先へ説明し理解を求めることもありますが、できる限り希望どおりの商品を供給できるよう、日々頑張っています。

Q5.私の思う大光食品の魅力

社訓にもありますが、仲良く明るいところだと思います。入社当時から周りの社員の方々が積極的に話しかけてくださり、コミュニケーションが取りやすく、すごく明るい会社だなと思いました。言葉足らずで上手に話せないことが多かった私ですが、周りの方々がコミュニケーションを取ってくださり、以前より成長できていると感じています。

Q6.休日の過ごし方

休日の先輩:松本健史会社のソフトテニス部に所属しており、ソフトテニスが趣味でもありますので、休日は主に外で体を動かしています。

Q7.学生へメッセージ

どんな仕事がしたいか悩んでいる方も多いと思いますが、やってみないと分からないことも たくさんあると思います。学生時代に経験したことは社会人になってからも大きな財産となると思うので、残りの学生生活も様々なことにチャレンジし充実した日々を過ごしてください。

とある1日のスケジュール

8:15出社・朝礼
9:00▽メールチェック・受注商品手配
注文を受けた商品の手配や、要望を受けた案件への対応
11:00▽商品の入出荷業務
注文した商品の荷受けや、発送する商品の出荷
12:00昼食
13:00▽事務処理
伝票の処理などを行います
15:00▽受注商品手配、商品の入出荷
午後からも商品が入ってきたり、案件を頂いたりするので対応します
17:00メールチェック・デスクワーク
17:30退社
Pocket