トップページ > ブランド肉の紹介 > 雲仙しまばら鶏(生産者のこだわり)
ブランド肉の紹介

雲仙しまばら鶏

渡部英世さん(養鶏キャリア38年)

10年前、抗生剤を与えて病気を抑え、出荷することが主流の時代に大光食品から抗生剤を使わない無薬飼育をして欲しいという提案がありました。
最初は驚いたものの、年々消費者の食の安心・安全へ関心が高まるのを感じていたこともあり、無薬での飼育を開始することを決心しました。
雲仙しまばら鶏のように完全無薬の場合、病気にも掛かりやすく、衛生面や気温の変化などには特に気をつかいます。有薬飼育よりも手間が掛かりますが、皆様に安心して召し上がっていただけるようプライドと情熱を持って飼育しています。

飼育するうえの苦労

ひよこの時は寒さに弱いのですが、成長すると逆に暑さに弱くなるため温度調節には常に気を使います。
特に深夜、明け方も気温が変化しますので、その都度確認して鶏にストレスを与えないよう気をつけています。

飼育するうえの喜び

出荷時に自分が思うような鶏に成長してくれた時。
「今回の鶏は今まで見たことがないような綺麗な肉だった!」「今回の出荷の鶏は良い鶏ですね!」などまわりの方からお褒めの言葉をいただいた時は今までの苦労が癒されます。

生産者から消費者にむけて

プライドを持って育てています。安全で安心な美味しいお肉です。是非、ご家族でお召し上がりください。


小川浩二さん(養鶏キャリア10年)

以前はしいたけの栽培を行っていましたが、元々父が養鶏業を営んでいたこともあり、10年前より本格的に養鶏業を始めました。
その父が雲仙しまばら鶏生産者組合の初代組合長をしていたこともあり、今では父の跡を継ぎ雲仙しまばら鶏の飼育を行っています。

飼育するうえの苦労

鶏はデリケートであるため管理が難しい。
ブランド商品のため、制約や管理に関して手間が掛かり大変です。

飼育するうえの喜び

一羽一羽注意を払って育てた鶏が大きく育ち、出荷体重も予想以上の時は苦労が報われた気分になれます。

生産者から消費者にむけて

安全で美味しいうちの肉が日々食卓にならぶように鶏一羽一羽に注意を払って育てています。是非ご家族で召し上がってください。


中山次男さん(養鶏キャリア23年)

抗生剤を使用して鶏を育てることは病気や手間を考えると当然なのですが、私は養鶏を始めたころからあまり抗生剤を使わずに飼育をしてきました。そんな中、大光食品より無薬飼育の「雲仙しまばら鶏」を育てて欲しいという要望がありました。
長年の経験により、今では鶏舎内を見ただけで鶏の体調が分かるようになり、常に安定した量を出荷してきました。

飼育するうえの苦労

鶏は思っている以上にデリケートな生き物のため寒暖の差に弱く飼育中は常に鶏舎の温度に気を使っています。
常に鶏舎の状態に目を配り、その時その時の状態に合わせた飼い方をしています。

飼育するうえの喜び

一生懸命育てた鶏が大きく育ち、出荷率の成績も良かった時は大変嬉しいです。

生産者から消費者にむけて

これからも今まで以上に頑張って育てていきますので鮮度の良い安全で美味しい「雲仙しまばら鶏」をご家族でどうぞ召し上がりください。


小川 亮さん(養鶏キャリア30年)

農業(米、ジャガイモ、カボチャなど)や養鶏、それに最近は自宅の改築など、幅広く何でも手がけています。このフットワークの軽さを活かし、これからも『雲仙しまばら鶏』生産者の一員としてがんばっていこうと思っています。

飼育するうえの苦労

熱射対策。去年の夏の暑さには苦労されられました。
“鶏舎に蓄積した熱気をどう外に逃がすか?”鶏舎の温度管理には予断を許せません。
扇風機で熱気を外部に放出するだけではなく、細霧を吹き鶏舎の温度を下げるような努力も行っています。

飼育するうえの喜び

丹精こめて育てた鶏が病気にならず無事出荷された時は、飼育時の苦労が報われます。

生産者から消費者にむけて

心を込めて育てています。安心安全で美味しいうちの鶏をご家族でどうぞ召し上がりください。


吉田 東さん(養鶏キャリア28年)

以前は抗生剤を与えて病気を抑え、出荷することが主流の時代に大光食品から抗生剤を使わないで飼育出荷して欲しいという提案がありました。その後は、毎日が手探りと大変の毎日でそれはまるで始めて子育てする時の感覚に近いものがありました。
一般的に“畜産”=“汚い”と思われがちですが、私たち雲仙しまばら鶏生産者は徹底した糞尿の処理や、出荷後の鶏舎は3回消毒を行うなど鶏舎を清潔に保てるように常に努力をしてまいりました。
努力、苦労を重ねた結果、育てていくことの楽しさや嬉しさを一層感じるようになりました。

飼育するうえの苦労

鶏が病気に掛からないようにするため、常に鶏舎が衛生的であるよう心掛けています。

飼育するうえの喜び

何時かは出荷する運命にあるものの、子育てと同じで小さなヒナから成長していく姿を見ることは何物にも代えがたい喜びがあります。

生産者から消費者にむけて

丹精こめて一羽一羽を大切に我が子のように育てています。安全・安心で美味しい「雲仙しまばら鶏」をご家族でどうぞ召し上がりください。

  • 特定商取引
  • 個人情報保護方針
  • 会社概要
  • サイトマップ